baby call

Your awesome Tagline

1 note

近所のお坊さんの話。
「時として、非常識やマナーが悪かったり、人道的に明らかにおかしい人、と遭遇した際には、腹立たしく思うのではなく、この人は輪廻転生の世界で、前世は人以外のもので、まだ人としての徳を積む事が浅く出来てない可哀想な人と思いなさい。そう思えば腹立たしさも収まる」と。
https://twitter.com/gts_maru/status/503858619389997056 (via nanashino)

57 notes

同一視
 他人が持っている優れた能力や実績を、自分のものであるかのようにみなしたり、感じたりすることです。優れている他人と同じような行動をすることも含まれます。
 スポーツ選手や有名アーティストの熱狂的なファンなどが典型例です。
防衛機制ってなあに? (via otsune) (via fileo) (via gkojay)

383 notes

EDのカウンセリング行ったら、「爬虫類に興奮する人でも女性でイけるようになった。ロッカーの中に閉じ込められないと射精できない人でも広所で射精できるようになった。あなたも大丈夫!」みたいな話を延々とされて、「あっ、僕の性癖ってこの手の類と一緒なんだ」って客観視できた
さいさんはTwitterを使っています (via k-ui)

(via otsune)

857 notes

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:10/09/12 15:58 ID:YQbV7SEN0

1つ実験をしてみましょう。後ろ足のひざの後ろをしっかり伸ばして歩いてみてください。それを10分続けながら、ネガティブなことを考え続けることができますか?

ひざの後ろを伸ばすと、自然と背筋が伸びます。背筋が伸びると肩が少し後ろに引かれる感じになり、自然とあごと顔の向きが上がります。顔の向きが上がると当然のことながら 目線が上がりますが、目線を上げると、人間の脳の構造上、内面会話が確実に減るのです。

これは「ストレスゼロ姿勢」のひとつです。実際、この姿勢は、多くの人にとってストレスを感じることが難しくなります。

この姿勢のヒントをわたしはミラノのファッション業界のトップから教わりました。彼いわく、「町を歩いている多くの人の中で日本人はすぐ分かる。なぜなら日本人は歩くときに ひざの後ろが伸びていないんだ」そうです。

ネガティブな思考ができなくなる「ストレスゼロ姿勢」のススメ | ライフハックちゃんねる弐式 (via plasticdreams)

(via gkojay)

Notes

言葉は経験を超えられない。経験を超えようとするとき嘘をつく。
事情クラブ (via takaoka) (via thinkupstudio, thinkupstudio) (via usaginobike, usaginobike) (via tyore, tyore) (via minimumnarration, minimumnarration) (via ayacococo, ayacococo) (via choccoto, choccoto) (via sspry, sspry) (via subdub, subdub) (via orzm9, orzm9) (via poochin, poochin) (via gekiamavo, gekiamavo) (via soulsphere, soulsphere) (via lidentity, lidentity) (via mokn12, mokn12) (via poochin) (via reretlet, reretlet) (via sz813, sz813) (via kyoukochang, kyoukochang) (via kumakitinosumika, kumakitinosumika) (via tyore) (via usaginobike) (via ninamo44, ninamo44) (via gkojax, gkojax) (via musashi0129, musashi0129) (via croiwassant, croiwassant) (via peckori, peckori) (via reretlet) (via guccho-dr, guccho-dr)

4,331 notes

最近の映画は昔と違って単純な勧善懲悪ではないものばかりなので、
「正義っていったい何だろう?」と訳分からなくなることが多いが、
実は簡単。
こっそり教えてやるから、誰にも言うなよ。
みんなうすうす気づいていても誰も口にはしないが、
実は正義とは、感情的な「好き嫌い」のことだ。
「好きか嫌いか」
つまり個人の好みの問題。

好みは十人十色。
人の数だけ好みがある。
ゆえに正義も人の数だけ正義がある。

犬が好きな人は犬を大切にするのが正義だし、
イルカが好きな人はイルカを保護するのが正義。
シーシェパードは日本の漁民よりイルカが好き。
それだけのこと。

好みが食い違うと正義の主張も食い違う。
主張が衝突したときは争って勝った方が正義になる。
「正義が勝つ」のではなく「勝った方が正義」。

決着のつけ方は、多数決だったり、論争戦だったり、法廷だったり、
しまいには武力による戦争だったり、色々ある。
勝敗が決まったら、勝者を正義、敗者を悪と呼ぶ。

「1人殺せば殺人者100人殺せば英雄」という言葉もやはり勝つか負けるかが問題。
大量に人を殺しさえすれば、いつでも英雄になるわけではない。
最終的に負けてしまえば極悪人とされる。
ヒトラーだ。
大量虐殺をした結果、戦いに勝ったら正義になる。
アメリカだ。

というわけで、
何が正義かわからなくなった時は思い出すのじゃ。

 個人にとっての正義=好み
 社会にとっての正義=勝者

この単純明快で嫌らしい真実をさわやかに認めてしまえば
長い眠りから目覚めたように実にすっきりとすべてが説明できる。

でも人には言うなよ。
こっそりとだ。こっそりと覚えとけ。
世間は真実が嫌いだからな。

第9地区/ユーザーレビュー - Yahoo!映画 (via edieelee) (via tra249)

(via:exposition) (via rock-the-baby) (via imai78) (via wfsp) (via johnnys) (via flatmountain) (via quote-over100notes-jp) (via yutaka1620) (via ms-bird) (via usaginobike) (via lovecake) (via sytoh)

(via andi-b) (via yellowblog) (via plasticdreams) (via toutiku-m44) (via sukekyo) (via petapeta) (via yaruo)